葬儀に必要な焼香マナー

葬儀に必要な焼香マナーとは尊厳さのある式場において各自が行うべき正しい所作のことです。所作が美しいとマナーのある人として高く評されます。葬儀のマナーとしての焼香は祭壇の遺影や本尊のために焚くお香です。まず係員から名前が呼ばれます。祭壇の方へ歩きます。座っている遺族の前面に立ち、遺族へ一礼します。一礼が終わりますと、祭壇の方へ一礼します。遺影に合掌してから一礼しても失礼にはなりません。右手の指でお香を一つ掴みします。浄土真宗ではそのまま香炉にお香を焚きます。香炉の中に火のついた木炭が入っています。遺影と祭壇に礼拝して合掌します。最後に遺族の一礼して席に戻ります。葬儀のマナーは焼香だけではありません。通夜の席でのお約束もあります。服装についての制限もあります。一通りの常識は身につけておくべきです。葬祭とは死者を弔い、その霊を祭ることです。したがってマナー違反になることは避けねばなりません。葬儀を執り行い、満足なお見送りができましたら、遺族も関係者も満足します。そのためにも式場にそぐわない服装や所作は認められません。社会人としての常識を持ち、行動します。このように葬儀のあるべき姿を描いて式場に向かうことが遺族への礼儀となります。

↑PAGE TOP