葬儀での挨拶のマナー

知人や友人などの葬儀に出席する際、喪主や遺族の方にお悔やみの言葉をかけることがあります。悲しみの中にいる遺族の方たちにとっての挨拶は、心強く思えるとても大切なことですが、その際のマナーをしっかりと知っておく必要があります。参列者を迎えている遺族の方たちに一人が長い時間はなすことは良くありません。できるだけ手短にシンプルな言葉をかけることが大切です。特に病状や死因をこちらから聞くことは失礼にあたり、忌みの言葉を使用しないようにすることもマナーです。忌みの言葉とは重ね重ね、たびたび、また、四、九などです。不幸が続くことや詩を連想させることは相手の心を余計に悲しませます。また、葬儀の際の挨拶の基本としてはこの度はご愁傷様ですと声をかけるのが一般的で基本的なことです。そこに遺族の気持ちを察した励ましの言葉をつけると良いです。大変お辛いでしょうがお力落とされませんように、どうかご自愛くださいなどを付け加えることで相手を思う気持ちが伝わります。悲しみをこらえて葬儀を執り行う遺族の方たちの気持ちを察し、故人の死を悼む気持ちを込めてできるだけ手短にお悔やみの挨拶をするのが葬儀に参列する際のマナーです。

↑PAGE TOP