葬儀ではマナーを守って出席する

葬儀の出席というものは往々にして急に発生するものなので、事前に準備をしておくということが通常は出来ません。急なことにも慌てずに対応するためには普段から葬儀に服装のマナーを知っておく必要があります。葬儀の場でマナーから外れたことをしてしまうと、周りの方から間違いなく顰蹙を買うことになりますので気をつけましょう。まず、服装の中でも足元ですが、素足は絶対に厳禁です。当然のことではありますが、もちろん靴下もマナー違反です。通常足元はストッキングでも黒の薄い透ける素材のストッキングを着用します。足元ではありますが、とても基本的なことですので気をつけるようにしましょう。冬場はタイツを履きたくなりますが、葬儀の場ではタイツも好まれません。寒いと感じる方もいらっしゃいますが、道中はタイツを履いて来たとしてもせめて葬儀場に入る前にはストッキングに履き替えるようにしましょう。また、服装は黒が好まれます。黒ではなくても地味な色であればマナー違反にはなりませんが、ブラックフォーマルの着用が無難でしょう。服装のサイズ感としてはあまりにも体のラインが出てしまう服装は良くありませんので、サイズはゆったり目を選ぶようにしましょう。

↑PAGE TOP